2007年11月05日

高橋留美子原作「1ポンドの福音」亀梨和也でドラマ化

人気グループ、KAT−TUNの亀梨和也(21)が来年1月スタートの日本テレビ系「1ポンドの福音」
(土曜後9・0)に主演することが4日、分かった。高橋留美子さんの人気コミックのドラマ化で、
根性なしのボクサーと修道院のシスターの青春ラブコメディー。連ドラ主演が約1年ぶりとなる
亀梨は、根性なしのボクサー役に挑み「笑って泣ける、心が温まるような作品をチームの皆で
目指していきます」と燃えている。

高校生、アルバイト、修理工場の息子…。ドラマで数々の役柄を好演してきた亀梨が、根性なし
ボクサーという新たなキャラクターに挑む。
「1ポンド−」は、小学館ヤングサンデーに連載されていた高橋留美子さんの同名コミックが原作。
愛と努力をテーマに、減量できない根性なしのプロボクサーと、世間知らずな修道院の新米シスター
との青春ラブコメディーだ。亀梨はそのボクサー、畑中耕作を演じる。
亀梨にとって、昨年放送の日本テレビ系「たったひとつの恋」以来の約1年ぶりの連ドラ主演。
ドラマでは毎回、ボクシングの試合のシーンが盛り込まれる。これまで主演舞台「ドリームボーイズ」で
ボクシング対決の場面を演じたことはある亀梨だが、今回はジムに通い、トレーナーについて
トレーニングを積み、役作りに励んでいる
それもドラマにかける意気込みの表れ。亀梨は「今回の作品は僕にとって挑戦。撮影に入るのが
楽しみでワクワクしています。ボクサー役なのでボクシングの基礎をしっかりたたき込んで、
これから始まるボクシングライフを1ラウンド1ラウンド全うし、楽しみながら畑中耕作を演じたい」と話す。

「笑って泣ける、そして心が温まるような作品をチームの皆で目指していきます」と亀梨。
新春、どんな“リングパフォーマンス”で視聴者をノックアウトするのか、注目だ。

ソース・詳細はhttp://www.sanspo.com/geino/top/gt200711/gt2007110501.html

----------------------------------------------------------------



ふざけんな!!
どう考えても亀梨のイメージじゃないだろ。
亀梨は、さっさと金田一の新作に出ろよ。
まだそっちの方が楽しみなんだが。

せっかく1ポンドの福音がドラマ化されると聞いて喜んだのに、キャストがこれじゃ・・・。
畑中耕作だっけ?主役の名前。
あの役は、亀梨みたいなチャラ男じゃなくて、もっとイモ臭い男がいいでしょ。
何も人気アイドル使わなくても、新人とかで良いんじゃないの?
めぞん一刻の時みたいに素人から探すとかさ。

高橋留美子も、せっかく20年もかけて短期連載を続けて来た作品なのに、結末がこれで、本当にいいのかな。
ファンとしては(´・ω・`)ガッカリ…です。
posted by 柊 竜神 at 21:37| ニューヨーク ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。